FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
IMG_2104.jpg
旧制第四高等中学校。かつて西田幾多郎、鈴木大拙らが学んだ。金沢大学の前身。西田は四校の教授時代に「善の研究」を執筆。相次ぐ身内の不幸に遭いながらも参禅と思索を続けこの書を執筆、いわゆる西田哲学の最初の書籍。自分にはほとんど理解できない難書。
IMG_2103.jpg
「善の研究」が発売された頃、本屋に学生の列ができたという。倉田百三もこの書に感銘を受けたことを「愛と認識の出発」に記している。
IMG_2106.jpg
IMG_2105.jpg

IMG_2096.jpg
旧陸軍偕行社(石川県庁舎石引分室)。歴史博物館と道路をはさんで建つ。旧京都府庁とよくにている。
IMG_2100.jpg
IMG_2098.jpg
すぐ隣に並んで建っている旧陸軍第九師団司令部(石川県健民公社)。

IMG_2081.jpg
旧陸軍の兵器庫。金沢美大のキャンパスとして使われいたが移転。現在は3棟あるうちの中央の1棟の2階で時たま講習会などで利用されている程度。
IMG_2088.jpg
IMG_2083.jpg
IMG_2095.jpg


IMG_1950.jpg
富山市婦中町の藤ケ池の近くで偶然出会った廃墟。雪が薄っらと積もっていた。土壁の納屋はかなり古いものではないか。
周囲に家らしいものはなくここ1軒だけ。勝手な想像だが便利さを求め町へでたのではないかと思う。

IMG_1951.jpg
植物の侵入が激しい。このまま朽ち果てていくのにはもったいない気がする。
IMG_1946.jpg
藤ケ池。水がほとんどない涸れた池。冬の寒い雪の降る日に訪れる人は皆無。物好きなのは自分だけ。

隣町で開かれた菊まつりへ行ってきた。
IMG_1785.jpg
仁王門
kiku1.jpg

毎年飾られる五重塔。
IMG_1786.jpg
丹精に育てた菊が並ぶ。
IMG_1787.jpg
出品作品とは別にあった常設の展示。

壮年会で京都へ旅行に行く。
IMG_1800.jpg
初日、あいにくの雨。大降りにはならなかったので写真は撮れた。小雨の平等院鳳凰堂。たくさんの観光客であふれていた。さすが古都京都。中央の阿弥陀堂の見学は時間予約。
IMG_1814.jpg
月桂冠大倉記念館。産業遺産に指定。
IMG_1827.jpg
ここでも酒造りがおこなわれている。
IMG_1816.jpg
IMG_1825.jpg
寺田屋。坂本龍馬の定宿。寺田屋事件の弾痕、刀傷があったが本物かは疑問?
明治に再建されたのが有力説。午後4時頃から旅館営業に切り替え。

IMG_1828.jpg
翌日訪れた智積院。真言宗智山派総本山。木々が紅葉していた。
IMG_1831.jpg
テレビのCMにも使用された庭園。
IMG_1847.jpg
嵯峨野の竹林。さすが京都観光客でいっぱい。
IMG_1851.jpg
竹林が途絶えた所に大河内山荘があった。入園料1000円。抹茶の券も含めて。入園者も少なくゆっくりと散策できた。ここはすばらしかった今回の旅行で一番見応えがあったと思う。大河内伝次郎が30年くらいかけて作った一つの芸術作品。庭の木々は手入れが行き届いていた。紅葉もきれいだった。
IMG_1867.jpg
IMG_1862.jpg
京都市内を展望でき比叡山を望む。

富山市大沢野の笹津橋を見に行ったついでにいろいろと周辺を散策したときのフォトがあるのでアップした。


RAKAN.jpg
「大沢野石仏の森」で居並ぶ石仏たちを撮った。
IMG_1681.jpg
楡原ー猪谷間の鉄橋を通るJR高山線のワイドビュー。
IMG_1668.jpg

汽車が通らない時の鉄橋。
IMG_1685.jpg
神通峡の鉄橋を走るワイドビュー
IMG_1656.jpg
常虹の滝。これも楡原ー猪谷間にある滝。夏は流しそうめんが食べれるとか。
IMG_1665.jpg



近所のお寺で落慶法要が営まれお稚児さんのおねりもあったので撮影する。
IMG_1719.jpg
お寺の本堂。100年以上は経っている。
IMG_1705.jpg
出発前にもう一度子供の着物を直してやる両親。IMG_1708.jpg
古刹、瑞泉寺から雅楽の演奏の人達を先頭に本堂まで約200mくらいの稚児行列が始まる。
IMG_1711.jpg
瑞泉寺の石垣を行く先頭の僧侶と門徒の役員衆。歓迎の旗も通りの家に掲揚してある。
IMG_1713.jpg
稚児の子供たち。慣れない着物を着せられ神妙な顔つき。
IMG_1715.jpg
IMG_1721.jpg
終わってから写真をとる親子。疲れたのか笑顔もない無表情の子供。

IMG_1544.jpg
八尾の古い家屋。井波の家とよく似たところがあるIMG_1548.jpg
新らしく建てる家、増改築する家屋も町並みの景観上茶色系にしなければならない。
電気配線も地中に埋めてある町もある。
IMG_1549.jpg
指物師の工房
IMG_1557.jpg
老舗酒造蔵。創業は嘉永元年と古い。
IMG_1545.jpg
石畳の路地を通る観光客。
IMG_1561.jpg
石垣の上に家々が立ち並ぶ坂の町。
IMG_1560.jpg
帰りに石仏に出会う。

IMG_1511.jpg
神通川に架かる笹津橋。昭和2年に竣工。きれいなアーチを描いている芸術的な魅力ある橋。

IMG_1512.jpg
国の有形文化財に指定される。IMG_1504.jpg
現在は新笹津橋が架かりこの橋はほとんど通る車もまばら。新笹津橋から撮影したもの。向こうに見えるのは高山線の鉄橋。鉄道マニアがこの鉄橋の上を汽車が通るのを撮る人気のスポット。

IMG_1489.jpg
砺波市内にある物件。酒造会社、いつ移転もしくは閉鎖したかは不明。
IMG_1487.jpg
中に入りたかったが、一部使用されて人がいたのでやめる。会社とは関係ないただ借りているだけ。

IMG_1485.jpg
周辺には住宅が建ちここだけが異様に感じられる。いずれは取り壊しになるだろう。
IMG_1488.jpg
清酒「太刀山」を販売。

井波で寺のまちアートが開催された。昨年はおわら町流しがあったが今年は残念ながら行われず。楽しみにしていたのに。
IMG_1304.jpg
八日町通りの民家の軒先に飾られた花
IMG_1296.jpg
瑞泉寺の庭園。普段は入ることができない。こんな時でなければ見れないのでじっくりと見学させてもらった。立派な庭だ。
IMG_1279.jpg
ついでにもう一軒。八日町の酒屋さんの庭。小さめだがきりっとして締まった感じがする。手入れもたいへんだが、眺めていると一時日常の雑事を忘れさせてくれて心が和む。癒し効果大。IMG_1276.jpg
井波美術館の内部。十二銀行から北陸銀行へ。かつて銀行だったとは思えない凝った作り。最も身近にある西洋館だ。
IMG_1324.jpg瑞泉寺の山門のライトアップ。太子伝以来再度掲載。

IMG_1136.jpg
高岡市の本丸会館。旧高岡市役所。昭和9年旧高岡電燈株式会社の社屋として建築。解体か保存で揺れ動いている。中はかなり立派にできている。

IMG_1231.jpg
富山新港にあるかつて旅館だった建物。植物で覆われているのでかなり放置されている。
IMG_1232.jpg
電信柱にからみつく草。相当の年月の経過がみられる。

IMG_1233.jpg
裏手からみたもの。ひどい状態。
IMG_1236.jpg
すぐ近くにあった木材工場。会社の名前もわからないくらい覆われている。
IMG_1235.jpg
言葉もでない。
IMG_1237.jpg

MAKITA.jpg
射水市にある建築会社の事務所。庄川沿いで伏木港の近く。旧南島商工本店、大正4年築。
当時は新湊のロンドンと呼ばれたとか。

MAKITA-2.jpg
国指定有形文化財。全国的にも知れている洋風建築。IMG_1218.jpg
すぐ横に流れる庄川。新庄川橋。
IMG_1228.jpg
庄川を渡る万葉線もついでに。休日ののどかな一日。


Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 街角西洋館 &RUINS, All rights reserved.