FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

壮年会で京都へ旅行に行く。
IMG_1800.jpg
初日、あいにくの雨。大降りにはならなかったので写真は撮れた。小雨の平等院鳳凰堂。たくさんの観光客であふれていた。さすが古都京都。中央の阿弥陀堂の見学は時間予約。
IMG_1814.jpg
月桂冠大倉記念館。産業遺産に指定。
IMG_1827.jpg
ここでも酒造りがおこなわれている。
IMG_1816.jpg
IMG_1825.jpg
寺田屋。坂本龍馬の定宿。寺田屋事件の弾痕、刀傷があったが本物かは疑問?
明治に再建されたのが有力説。午後4時頃から旅館営業に切り替え。

IMG_1828.jpg
翌日訪れた智積院。真言宗智山派総本山。木々が紅葉していた。
IMG_1831.jpg
テレビのCMにも使用された庭園。
IMG_1847.jpg
嵯峨野の竹林。さすが京都観光客でいっぱい。
IMG_1851.jpg
竹林が途絶えた所に大河内山荘があった。入園料1000円。抹茶の券も含めて。入園者も少なくゆっくりと散策できた。ここはすばらしかった今回の旅行で一番見応えがあったと思う。大河内伝次郎が30年くらいかけて作った一つの芸術作品。庭の木々は手入れが行き届いていた。紅葉もきれいだった。
IMG_1867.jpg
IMG_1862.jpg
京都市内を展望でき比叡山を望む。

スポンサーサイト



富山のKNB大バザールのゲストにジェロが出演するというので細君を連れて行ってきた。
会場に駐車場がないので、富山競輪場の駐車場が仮の駐車場になっていたので、そこに止めて
ライトレールで駅北口まで行く。会場は人だかり、特設ステージにはもう100人くらい座っていた。
アナウンサ-にサインを求める者、各ブースに群がる人々、自分らはKNBのビルの見学から始めた。
ここも列がついていたがすぐ入れた。テレビ、ラジオスタジオ、レコード、CD保存室、約12万枚もあるらしい。ビルを出て昼食をとりたいが、この会場では人が多すぎるしなにがあるかもわからないので
駅近くの食堂ですました。

ジェロが出るのは午後2時過ぎの予定なのでぶらぶらしていた。細君はステージで待っているというので自分はなにか写真を撮ろうといろいろ会場を周って歩いたがなかなかいい被写体に巡り会えず
1枚も撮らなかった。

14時過ぎてもジェロがでてこない。司会の説明で飛行機が富山空港上空で整備不良で羽田へ引き返し再度富山へ向っているということだった。それを聞いて皆一斉にエ-ッ!。結局始まったのは15時過ぎていた。

無料で人気歌手のミニライヴを聴くのも簡単なわけにはいかないことがよくわかった。

後でわかったことだがジェロだけで約5000人ほど集まったらしい。ステージの周りに2000人、道路際に3000人くらいだったらしい。もう一つ、今人気絶頂の歌手をなぜ呼べたか、黒人の演歌歌手ということで面白いということでデビュ-前の昨年の1月に予約してあったから呼べたのだそうだ。ステージで歌った曲は「君恋し」、「氷雨」、「海雪」の3曲、生だから迫力もあってテレビで聴くよりうまい。
ファンになりそうだ。CD220枚も完売したそうだ。今後どんな曲を出すか楽しみだ。

IMG_0852.jpg

ジェロいつものスタイル。
IMG_0856.jpg

伊藤敏博と女子アナが歌う「ふたりの富山」IMG_0858.jpg
初めて乗ったライトレール

昨年のちょうど今頃、名古屋市内の病院で手術をした。あれからもう1年が過ぎた。
1週間以上前になるが、例によって汽車で1ヵ年検診に行ってきた。
8時20分頃家を出て車で高岡まで行き1日500円の駐車場に止め駅へ向う。
特急「しらさぎ」に乗車、富山発なので席はすいていた。この列車、特急だがどこにでも止まるので
準特急といってもいい。サンダ-バード並みになればもっと早く着くのに。うかうかしていると7月に全線開通の東海北陸自動車道を利用した高速バスに客を取られることもありうるので一考の価値あり。
名古屋に着き徒歩で病院まで行く。相変わらず人が多い。半年ぶりに来たが工事中だったビルが完成していたりすこし様変わりしていた。
院内の食堂で昼食を済ませてから受付をしてきた。保険証を忘れる。相変わらずどこか抜けてる。
診察の前に血液検査のための採血をする。
1時間近く待って担当医からの問診、エコ-の検査をしてもらう。特に異常はなく順調にいっているとのことでひと安心する。一旦終えてまた待合で控える。
2回目の呼び出しがかかり、血液検査の結果、他の検査の結果を聞く。ガンの可能性を示す数値は
範囲外だったのでこれも合格点。この調子で推移していけば望ましいのだがいつどうなるかわからないので定期的な検査が必要とのことだった。
次回は12月の半ばにいくことになった。案外早く終わったので一汽車前の便で帰れた。




3月21日

参禅会の新年会に出席する。

なぜこの時期かと言えば、1月、2月の座禅はとても寒く

出席者も少なく高年齢化で危険が伴う可能性が高いので

暖かい時期にやろうということで3月になった。

午後6時から座禅開始、40分ころに終了し読経。

終了後、別棟の座敷で懇親会、しばしの間、会員どうしで酒を

酌み交わし、日ごろの想いを語らいあう。

世間話から禅のことまで、いろいろ話してやがて2時間にもなろうと

するころ、お酒も料理も尽きて、ご飯とお汁がでてそろそろお開きになる。

初めて参加した頃、座禅で悟りを得ようとか、見性体験ができればいいとか

考えながらやっていたが、手段としてとらえていた自分がそこにいた。

道元の言われる只管打座、ただ座るのみ、それに徹すればいいのだ。

しかしながら座禅だけしていればいいのでもない。日常生活すべてが

動く座禅であり修行の場であることが少しわかってきたよな気がする。

偉そうなこと言える自分だということは重々承知の上だが今後も参禅は

続けたいものだ。










3月16日
午後7時より不動尊会の総会が開かれた。

実質的に自分が世話をした。事前に総会の資料作り、おけそく、オードブル、仏花

ろうそく、酒、ジュース類、僧侶の御礼等。

おかげでうまく事が運び無事総会が終わった。

懇親会もなごやな雰囲気のうちに終わりほっとした。

あと少し雑用が残っているけど2,3日のうちに片づけてしまった。

4年後にまた世話をしなければならないがその頃になると情勢も変わって

いるだろう。とにかく済んでよかったという心境だ。




2月21日 参禅会に出席する。
高岡市曹洞宗のお寺で月1回開催されるのだが、交替勤務のため出れない月もあるので
年間5、6回しか行ってないことになる。

坐禅堂で午後7時過ぎから前半が始まり45分頃に終わり、文殊菩薩の廻りを経行し10分の休憩。

後半開始、その間警策で両肩を打たれる。40分頃に坐禅を終えて皆で「普勧坐禅儀」の読経。終了の合図で坐禅をやめる。

座敷でお茶と茶菓子をいただき10分くらい和やかに語らい,主催者に御礼を言って解散。

来月は新年会が開かれるので6時開始になる。普段顔を見せない人も来るので楽しみにしている。

もう始めて10年になるができるだけ今後も参加したい。

午後から車のオイル交換をした後、ネットカフェへ行ってきた。

最近都会のほうではネットカフェ難民とか言われて、そこをねぐらに携帯電話で日雇いの仕事を探し稼いだ金で衣食を賄いカフェの料金を払って生活をしている若者のことを言うらしいが、
フリードリンク、シャワールーム、コインロッカ-等も設置され深夜定額料金の設定でドヤや格安ビジネスホテルよりも安価なので仮眠の場として利用しやすくなっている。

仕事がなければ24時間営業の店舗で夜を明かす「マック難民」なる造語も創出。

それらに対し日本複合カフェ協会では「お客様は難民ではない」と抗議声明を発表してるとか。

そんなわけでほんの興味本位でネットカフェなる所へ自分も行ってみたくなり足を運んだわけである。

隣の市に2軒あるが、全国チェーンのA店へ行ってきた。

入店して店員に説明を受け、まず会員になることにした。料金は300円。会員にならなくても
オープンにネットだけ利用できることも可能。

土曜日だからかわからないがお客さんも数人見かけた。自分ような団塊世代の人はいなくて若い人ばかりで気がひけたが静かな雰囲気で落ち着けそうだった。

1人で来たので当然個室を利用した。パソコンとテレビが置いてあり音声はヘッドホーンで聴く。椅子は仮眠くらいはできそう。
隣とは薄板1枚で仕切られている。大きな声はだせない。

2~3人で来た場合はそのような部屋が用意されているようだ。ロッカーあり、ドリンクバー、食事もできる。漫画、雑誌、週刊誌、新聞もあり、ダーツ、ビリヤード、麻雀可、DVDレンタル視聴可能。

これなら料金は高いが喫茶店でひまつぶしするよりもずっとましだ。ナイトパックで深夜12時から7時までなら1280円、土日1480円。日雇いで数千円稼げば少しは残るので住み着く
こともできそうである。

個室でネットをやっで自分のブログをみたり、株価を調べたり、ネットカラオケで鼻歌で歌う。
新聞を読んだり、飲み物を飲んだり、そうこうしてるうちに1時間くらいたったので出店することにした。800円支払う。

時間待ち、暇つぶしなんかで利用できそうだけど、ここで寝泊りしたいとは思わない。

何らかの理由で家庭におれなくなった若者、リストラ、失業で次の仕事がみつからない者
たちが一次的に利用するならいいが、ここを住み家として将来なんの目標もなく毎日を過ごす
ことに何の疑問も抱かないような人はいないと思うが、都会での難民と呼ばれている者もいつかは定職に就き安住の地を見つけて社会人として生きていくことを願いたいものだ。



















2月16日、午後7時より町内の壮年会の総会に出席した。ここ数日雪の降る寒い日が続き
真冬に逆戻り。

出席予定者の8割くらい揃ったので定刻より数分遅れで始まった。

会長さんの挨拶、行事報告、会計報告等議事が進行され、一応承認された。

次期会長さんも選出され総会は終わった。引き続き懇親会にはいった。

新会長の乾杯で開宴、互いに酒を酌みかわしいろいろと懇談しあう。

普段あまり町内の人と接していないので、いろんな情報を収集できる機会でもある。

会長さんに頼まれて今期は班長をせよということになった。5~6回目くらいかなと思う。

10時ころに公民館を出て帰路に着く。寒い夜だった。

1月12日 連休初日ス-パ-銭湯の誕生月のサービス券があったので細君を連れて射水市まで行ってきた。

着いてからそこで昼食をとってから入浴する。1時間くらいで上がり水分を補給しリラックスルームで仮眠する。そこも約1時間くらいで終えて再入浴する。しばし休む。

5時に来客があるので会計を済ませて市内で夕飯の買い物をして帰路に着く。

5日9時より南砺市井波文化センタ-前にて出初式がおこなわれた。 自宅から歩いて見に行く。 P1010585.jpg
南砺市8地区から選ばれた裸放水の男の出陣 P1010580.jpg
放水開始。纏も8基が同時に舞う。 P1010564.jpg
放水 P1010589.jpg
放水が終わってから行われた行進の一部婦人消防隊の編隊。観閲台に国民新党党首の姿も見られた。

新年明けましておめでとうございます。
昨年は当サイトにアクセス、閲覧していただき感謝いたしております。本年もよろしくお願いします。

微力ながら今年も西洋館や廃虚を探索してサイトに掲載していくつもりですのでクリックのほうよろしくお願いします。

身近にあるものや近県から全国にいたるまで紹介できればいいと思いますが、あせらずゆっくりとやっていこうと考えています。お粗末なサイトですが閲覧のほうよろしくお願いします。



12月20日、術後6ヶ月検診のため名古屋の病院へいってきた

例によって2時からの診察なので10時ちょっと前の電車で高岡を発った。

午後1時過ぎに名古屋に着いたが晴れていて富山より暖かかった。

病院内の食堂でとったあと、受付を済まし診察の待合へ行く。
看護師が持ってきたアンケート用紙に記入ししばし順番を待つ。これが長く参るので、文庫本を持ってきて読むことにした。

約1時間くらいしてようやく名前が呼ばれた。医師からの問診に答えて検査のためいったん退室。

検査に呼ばれて看護師の指示に従い実施する。検査の結果がでるまで待合で待機。

30分くらいたってから呼ばれ結果の説明を受ける。順調に推移しているということで、ひとまず安心するも、10年後くらいに再発する可能性を示唆されでドキッとする。

再手術ということになるのだろう。その頃になれば保険もきくようになるし、医学的にも進んでいるので日帰りでOKになってるだろうと楽観している。

支払いを済ませたら3時半頃だったので、一汽車早いのに乗れそうなので急いで名古屋駅に向った。

指定席の変更のため窓口で手続きを済ませて時計を見たらあと発車まで6分しかなかったので土産を買ったすぐホームへ行った。

何とか間に合った。明日は早番なのでちょうどよかった。

次回は来年の6月の予約になっている。それまで摂生をしていい結果が出るようにしたいものだ。

10月27日 定年を迎えた人の送別会に出席した。「夢つづり」にて。 団塊世代の人がたくさんいるのでまだまだ続く。 他人事ではない、自分ももう2年とわずかでそのときがくる。 定年後のことはまだ何も考えてはいないが、会社の状況しだいでどうなるか予測はできないが 嘱託で採用してもらえればいいかなと思っている。

10月21日
高岡市へ2往復する。
午前は高岡駅まで娘を送っていく。

夜は参禅会出席のため妻に車で送迎してもらう。

その間いろいろと用事をこなす。妻の実家で野菜をもらう。イオンで買い物、文庫本1冊、夕食の買出し、プリンターのインク、用紙購入、風呂へ行く



知り合いの人が亡くなられたのでお通夜にいってきた。74歳、まだ若いが残念だ。昔、不動尊祭りの世話を一緒にしたり、町内の集まりで遅くまで酒を飲んだりいろいろな思い出が蘇ってくる。酒好きでやさしい人だった。前日まで元気だったのに夜中に腹痛を訴えられ容態が急変、2時間あまりで亡くなられたそうだ。一寸先は闇。今日1日を大事に生きたいものだ


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2020 街角西洋館 &RUINS, All rights reserved.